新たな機能「音声データ暗号化」――御社の大切なビジネス情報を守ります!

掲載日:2016年01月06日

インターネットで電話サービスを利用することによって、通話コストを削減できることは一般によく知られるようになってきました。その一方、インターネットは、複数のコンピュータが通信回線によって接続されたものであり、通信情報は、そのネットワーク上を、そのままの内容で流れます。このため、悪意の第三者によりそのデータが盗聴されたり改ざんされたりする可能性がゼロではありません。

そこで、弊社は2016年1月より「音声データ暗号化」機能の提供を始めました。

音声データ暗号化機能とは
「音声データ暗号化機能」とは、流れる情報を暗号化することにより、盗聴等から音声データ情報を保護する機能です。情報が漏れたり盗まれたりするといった危険を回避することができます。

音声データも暗号化できるの?!

angouka
20160406

音声データ暗号化機能を利用することで、ビジネス上の営業秘密(トレード・シークレット)をしっかり守って、情報漏洩のリスクを抑えることができます。

お客様側の設備暗号化仕様※をご用意しており、仕様書につきましては別途無償で提供いたします。
※設備暗号仕様は株式会社三通が開発した暗号ルールであり、VOIP設備とSUGの間の通信を暗号化し、通信の安全性を確保します。

新規お申し込み
to top